少し空いてしまいました・・・

前回は仕入に関しての内容でした。

今回は納品についてです。

仕入をした商品を納品する。

これがいちばん大変だと思います。

シールはがし

クリーニング

検品作業

梱包

商品登録

発送 ・・・・・・・・・

作業が目白押しですよね。

また、在庫の管理もしなくてはいけないわけです。
初期のころは納品数も少ないので、特には気にならないと思います。

が、月間納品数が100セットを超えてくると作業量がかなり多くなってきます。

特に副業の場合は充てられる時間等も限られてくると思います。

特にシールはがしは時間がかかる作業だと思います。

値札シールにも種類があり剥がしやすいものもあります。

シールの種類によっては、専用の溶液を使わなければいけない場合があります。

上手に取らないとべたつきが残ってしまい、後処理が大変です。

その後に、アルコール消毒などでのクリーニングを経て

梱包になるわけです。

梱包後はFBAへの商品登録になるわけですが・・・

慣れるまでは大変だと思います。

が、初期のころは特に、納品作業を丁寧にやることが大事だと思います。

納品作業を丁寧にやることで、

後々、商品の売れ行きが違ってくることが理解できます。

僕も初期のころの内容では・・・

売れるはずがないだろうと、

自分の納品商品をみて思います。

最近は、特に問題なくできているので、さらに改善できるように考えています。

商品登録が終われば、

箱詰、送付となります。

商品数が多ければ、ヤマト便を使うと安くなります。

僕は、ヤマトの人が良い人だったのか、2箱しかなかった時も、 ヤマト便で対応してもらえました。

最近は、5箱を下回ることはないので、

もちろんヤマト便を利用しています。

仕入をしても販売ができなければ、売上にも利益にもなりません。

仕入から販売までのスパンをできる限り短くすること。

これが、最も重要な事だと思います。

仕入

納品作業

販売

この流れをしっかりと作ること。

何となく、うまくいっていないと感じている人は、

一度、見直してみるとよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)