今日は、少し自分のことを書いてみようと思います。

なぜ、副業を始めたのか?

なぜ、セット本せどりを選んだのか?

本題に入る前に副業について書いてみます。

副業といわれると、最初にアルバイトがでてきます。

本業とは別に就業をする。

簡単だと思いますか?

楽だと思いますか?

僕は、深夜のコンビニエンスストア、お風呂の清掃、パチンコ店の清掃などを経験しました。

僕の感覚ですが・・・

めちゃくちゃしんどいです。

そんなことないでしょと思う方も多いと思います。

事実、しんどいです。

肉体的にもしんどいのですが 肉体的苦痛よりも精神的苦痛のほうがはるかに大きいです。

想像してみてくださいね。

コンビニの深夜・・・

自分よりも明らかに年下の方から仕事を教わる・・・

素直に聞けますか?

言葉遣いも丁寧とは限りません。

深夜に入ると最低でも朝の6時くらいまでは入らなければいけません。

そこから仕事に行く・・・

その他にもいろいろなことがあります。

お風呂の清掃、パチンコ店の清掃

肉体的にはかなりつらかったです。

基本的に時間が短いのでそれなりに稼ごうと思うと、ほぼ毎日の出勤になります。

僕は、週5回の勤務で月20日 

20日×2,400円=48,000円でした・・・

以外に稼げないのです・・・

肉体的にも、精神的にも疲弊していきます。

本業にも影響がでてもきます。

肉体的、精神的な疲労は気合で何とかなるかもしれません。

現に僕がそうでした。

また、独身の方ならまだいいのかもしれませんが・・・

家族がいる場合は、気合ではどうにもならないんです・・・

僕の経験ですが、家族関係も悪くなっていきます。

お金が入ってくるのだから、関係が良好になるのではと考えるかもしれません。

夫婦2人ならばいいかもしれません・・・

子供がいる場合は大変だと思います。

子供との時間がなくなっていく。

また、家庭内のことは全て奥さんがやることになっていく・・・

様々な面で「ひずみ」がでてきます。

本当に家庭内の空気が悪くなっていきます。

稼ぎに行っているのだから。

家庭内が明るくなっていかなければいけないのに、 逆のことが起こるのです。

僕は実際に経験しているので・・・

その時に、何か収入を増やす方法がないのか?

そして、せどりに出会って、せどりをはじめたわけです。

最初のうちは、せどりとアルバイトの両方やっていました。

今、考えるとめちゃくちゃ過酷なことをしていたと思います。

そんなときに、アルバイトをやめるきっかけとなったことがありました。

本業のほうが繁忙期になり、残業が増え、シフト通りに入れない日が一週間ほど続きました。

すると、契約解除、

すなわち首でした。

僕は面接時に本業を優先することを口頭で約束をしていました。

また、ダブルワークでも可能であるとの条件も確認していました。

それでも、本業を優先するとこういう結果になるのです・・・

2019年の8月末でアルバイトを首になりました。

そのころは、セット本せどりでの収益が3万円~5万円程度だった思います。

首になったことは自分にとってはいいきっかけだったのかもしれません。

アルバイトでの時間の拘束による肉体的、精神的な辛さが解消されたわけです。

また、時間にもゆとりができ、セット本せどりに注力できる環境にもなったわけです。

あのままの状態だったら、今の状態はなかったと思います。

今回は副業のなかでもアルバイトの経験を書いてみました。

他にもいろいろとやったことをまた書いていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)