今回は僕のおすすめの本を紹介しようと思います。

僕が人生のバイブルにしているコミックがあります。

「からくりサーカス」

作者は藤田和日郎先生

この作品以外にも「うしおととら」・「月光条例」などを書かれています。

最新作は

「双亡亭壊すべし」

少年サンデーで連載されています。

「からくりサーカス」

僕がこの作品を初めて読んだのが大学生の時でした。

当時、一人暮らしをしながら大学に行っていました。

どちらかというと、特に目的もなく大学生活を送っていました。

今考えれば、もっとやりたいことを探してやればよかった。 もっと勉強をしておけばよかった。

今はそう思っています。

はっきり言って、だらだらした生活をしていたと思います。

そんなときに出会ったのがこの本でした。

当時の僕は、今のように楽観的に考えるタイプではありませんでした。

当時、何もやる気が起きませんでしたし、大学自体をやめてしまおうとも考えました。

ただ、バイトだけは毎日行っていました。

いつものように大学へ行き、いつものようにバイトへ行き。 自宅に帰ろうとしたとき。

バイト先の先輩に遊びに誘われました。

その先輩は今でも交流があるぐらい、当時からめちゃくちゃ仲の良い先輩でした。

そんな先輩の家でふと勧められたのが、「からくりサーカス」でした。

当時、やる気のなかった僕には衝撃的な内容でした。

話が進んでいく中で、当時の僕が救われたのは3巻の加藤鳴海の言葉でした。

その言葉をきっかけに、僕もネガティブに考えることをやめました。

その後の大学生活は激変ではありませんでしたが、少しずつ変化していきました。

最近でも、嫌なことや、落ち込むことがあると必ず、読み返します。

マンガに限らず、皆さんにも人生観や考え方を学んだものがあると思います。

僕はあまり頭が良いほうではないので、難しい本を読みません。

というか、読めません。

だから、マンガで勉強しています。

マンガを下に見ているのではなく、マンガがわかりやすく人生観を教えてくれているんです。

哲学書や文学作品は僕にはむずかしすぎて・・・

皆さんはどんな本を読まれているんでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)