今回は、仕入について考えてみます。

基本、セット本せどりは、

仕入 → 納品 → 販売

という流れになります。

仕入ができないと何もできないわけです。

ちなみに、現在は副業で、仕入に使うことのできる時間は限られています。

先月からは約30万の売上、

利益は約30%まで到達しました。

しかし、僕がすんでいる近くには、ブックオフ、古本市場などはありません。

幼いころにブックマーケットはあったらしいのですが・・・

中古本を専門に扱うようなお店はほぼありません。

仕入れをするには往復1時間以上かけて店舗に行くしかありません。

時間に限りがあるので、

まず、ルートを決めて

1店舗あたりの滞在時間を決めて、

前日に、在庫の確認をして、

効率よく回れるように考えます。

しかし、日によって店舗の棚の状況も違いますし、 時間については変化しますが・・・

ある程度の流れを決めておけば、

無意味に店舗をうろうろすることもないですし、

無駄な仕入れをすることがなくなります。

はじめたばかりの方は特に考えて行動するほうが良いと思います。

店舗の棚の回転の良い、悪い。

また、コミックが良い、活字文庫が良いなどの特徴などもわかってきます。

僕も実際に、1週間に1回の店舗や2週間に1回など 自分も区別しています。

毎日行っても棚に変化がなければ無駄足になってしまします。

日々変化はしているとは思いますが、

毎日いくことはできません。

専業ならば可能でしょうが、副業の場合は難しい。

僕の場合は近くにないので、

行くならば効率よく回りたいので、 ルールを決めて活動しています。

ツイッターやブログなどではいろいろな方が商品紹介をしていますが、

僕はほとんど出会ったことがないものばかりです。

それでも、仕入をすることは可能ですし、

売上をあげていくことは可能です。

もし、仕入ができないと思ったら、 仕入の行動から考え直してみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)